「 The Second Summer of Goa 」

 

1980年代後半、イギリスで起きたダンスミュージックのムーブメントは、60年代後半のヒッピームーブメント

「Summer of Love」に由来し「Second Summer of Love」と呼ばれた。野外パーティーのムーブメントの

原型である。

 

いわゆる箱(クラブ)文化ではなく、倉庫や農場、キャンプ場などを利用したのである。この動きは瞬く間に世界中に広がり、90年代初頭にトラベラーの聖地であるインドのゴアへと運ばれていった。そこで、従来のトランス音楽にインド音階やアラビックな音階を用いて発展したのがゴアトランスである。ゴアトランスはトラベラー達の手によって世界中に飛び火し、野外パーティーの主流となっていったのである。

 

90年代中盤~後半に最盛期を迎えたゴアトランスは時代とともに衰退し、パーティーシーンに旅を経験していない若者達が入り込むことで、サイケデリック、プログレッシブ、ドラムン、アシッドテクノなど様々なジャンルへと移行していった。

 

しかし、流行から派生した音楽は、主流になることはなく、ブームに便乗した人たちが去り、以前のように野外パーティーがトラベラーの下へと戻っていったのと同時に、シーンの持つ音楽と精神世界との結びつきを強く考える者達の間で、ゴアトランスパーティーを求める人が多くなってきている。

 

旅をしながら限られた機材を使用して楽曲を作り、制作者が旅で経験し感じたことが音に変わって表現され産まれたゴアトランス。それをリアルに体験できる「2泊3日、ゴアトランスの旅」を提供することで、本来の野外パーティーのもつ意味や素晴らしさを存分に感じ取って欲しい。

 

私達はこのパーティーのサブタイトルを「The Second Summer of Goa」にした。

ここから新しいシーンの幕開けを心から祝福しよう。

お問い合わせ : mandalavision.goa@gmail.com まで

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.